MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子(1部) 第3戦(対 早稲田大学)
2016年9月2日(金) @中央大学テニスコート

第3戦 (9月2日) ×法政大学 3-6 早稲田大学


選手スコア対戦相手
D1×長田(4年)・前崎(2年)
6-1 3-6 2-6
松崎・河野
D2×山田(4年)・小見山(2年)
1-6 5-7
小堀・坂井
D3×米田(2年)・楠原(1年)
4-6 4-6
斎藤・高村
S1×塚越(4年)
6-4 1-6 4-6
小林
S2○長田(4年)
7-6(6) 3-6 7-6(3)
島袋
S3×前崎(2年)
5-7 4-6
坂井
S4○太田(3年)
1-6 6-0 7-6(4)
古田
S5○寒川(3年)
2-6 6-3 6-4
三好
S6×村上(4年)
2-6 4-6

(スポーツ法政記事より)

 慶大戦に引き続き、中央大学多摩キャンパス内テニスコートで行なわれた、関東大学テニスリーグ(リーグ戦)早大戦。絶対王者相手にどれだけ白星を挙げることができるかがかぎとなる一戦だ。

 ダブルスのオーダーは慶大戦と変化が見られた。D1長田和典(スポ4)・前崎直哉(経2)ペア、D3の米田崇人(社2)・楠原悠介(経1)は変わりなし。D2の山田晃大(社4)の相方として塚越雄人(経4)ではなく小見山僚(スポ2)が参戦。塚越のシングルスへの影響を考慮しての判断か。
 最初に動きを見せたのはD1の長田・前崎ペア。ファーストセットは序盤からブレイクを重ね好調さを見せつける。第6ゲームでは長いゲームとなり、デュースまで持ち込み、最後にはブレイクに成功。長田のネット際での巧妙なスライスも生きその後のゲームもキープ。6-1でセットを先取する。その勢いのままセカンドセットに臨みたいところであったが、相手も意地を見せ積極的なテニスでブレイクされてしまう。徐々に劣勢へと追い込まれ、ミスが増える中、セカンドセットを3-6でとられてしまい、試合はイーブンとなる。ファイナルセットではいち早く先にブレイクしたいところであったが、第1、3ゲームでブレイクされてしまう。出鼻をくじかれた長田・前崎ペア。中々思うようなプレーができず、試合の流れは完全に相手のものだった。ファイナルセットはそのままブレイクを返すことは叶わず。2-6で敗戦が決まった。

 目新しいペアである山田・小見山はファーストセット、全日本学生テニス選手権大会(インカレ)準優勝ペアである相手に苦戦。サービスゲームが中々キープすることができず。相手の確実なコースでのショットに、アウトを連発。ファーストセットは1-6で落としてしまう。試合の流れは劣勢のままかと思われた。しかし、ここで山田・小見山が本領発揮。両者得意の鋭いフォアショットで果敢に攻め込む。セカンドセット第2ゲームではブレイクを許すも、徐々に調子が上向いていく。第4ゲームでは相手サービスゲームにデュースまで持ち込み、2人の笑顔も見られた。ブレイクはならなかったものの、勢いを手に入れ第8ゲームではブレイクに成功。続く第9ゲームでは山田のサービスが光る。サービスエースでポイントをかせぎ、キープ。しかしここで王者が牙をむく。第11ゲームではブレイクされてしまい、惜しくも5-7で試合に敗れた。

 ダブルスとして最後に試合が終了したのは米田・楠原ペア。楠原のサービスゲームから始まった試合。フレッシュなペアらしき積極的なプレーで攻め込み、第2ゲームではブレイクに成功する。しかしその後の第3ゲームではブレイクバックされてしまう。米田のサービスゲームであった。イーブンになった試合に先手を打ったのは早大。第7ゲームでまたもやブレイクされる。ここをキープされてしまうとセットが終了してしまうというゲームではデュースまで持ち込むも、あと一歩及ばず。4-6でセットを先取された。その後もボレーの楠原、ラリーの米田と相性のよさを見せつけるプレーでブレイクを狙うが第7ゲームで再度ブレイクを許してしまう。粘りを見せるが、一矢報いることは叶わず。セカンドセットも4-6と僅差での敗北となった。

 S6で出場した村上彰啓(経4)は持ち前の粘りをみせるも、相手の粘りもあって長いラリーが続く試合になった。互いにキープしていく展開も、第5ゲームでブレイクされるとそのまま連続でゲームを取られてしまう。第8ゲームはデュースに持ち込むもミスもありキープされ、2-6でファーストセットを落とした。セカンドセットも第3ゲームにブレイクされてリードを許すと相手のサービスゲームをブレイクできないまま4-6で試合終了。ストレート負けを喫した。

 S5に出場した寒川雄太(スポ3)はファーストセットでは苦しんだ。第4ゲームにリードを許すと第6ゲームもブレイクされてしまう。続くゲームをブレイクで返すも第8ゲームを落としこのセットを落とした。しかしここから寒川は見違えたかように調子を取り戻す。第3ゲームでブレイクすると第9ゲームではリターンエースを決めてまたブレイク。第10ゲームをきっちりキープしてセットカウントを五分に戻した。ファイナルセットでも寒川は好調をキープ。ドロップショットを使うなど相手を惑わし、相手のミスを誘うテニスを展開していく。第2ゲームから4ゲーム連続で互いにブレイクするという激戦だったが、第7ゲームでブレイクに成功すると、第9ゲームもブレイクしてこのセットを奪取。この試合、早大から初白星を挙げた。

 S4に登場したのは今季無敗の太田悠介(経3)。だが、ファーストセットは1ゲームに2回ダブルフォルトをしてしまうなど、なかなか調子が上がらない。第2ゲームから6ゲーム連続でゲームを奪われこのセットをを落とした。だが、ここから太田の本来の力を取り戻していく。最初のゲームをいきなりブレイクすると、そこから次々とゲームを奪っていく。サーブも決まりだし、得意の強力なフォアが冴え渡って試合を有利に進めた。ストレートでセカンドセットを取り、勝敗はフルセットに委ねられた。ファイナルセットはお互いにゲームを奪い合う展開になり、勝負はタイブレイクに。そこでも太田は冷静だった。自分のサービスではきっちりとポイントを取ることで優位に立つ。最後は相手の浮いた球をライン際に叩き込んで、試合を決めた。これで太田は無傷の3連勝を飾った。

 S3に出場した前崎直哉(経2)は最初のサービスゲームをいきなり落とすと、第6ゲームもブレイクされ苦しい展開になる。だが、第9ゲームをブレイクで返すなど、徐々に調子を戻すも最終ゲームを落とししまい、このセット5-7で奪われてしまう。セカンドセットはいきなりブレイクして、リードするも第6ゲームで追いつかれそして、第10ゲームでブレイクを許し、ゲームセット。得意のボレーをみせるも、ミスもありストレート負け。これで早大への敗北が決定した。

 S1の塚越雄人(経4)の相手はインカレを制した、ルーキー小林雅哉。だが、塚越は序盤から試合を有利に進める。互いにブレイクする展開が続いたが、第10ゲームをブレイクしてこのセットを奪取。法大エースとしての意地をみせた。 だが、セカンドセットからは小林もインカレ王者の実力を発揮し始める。ミスをせずに、確実に打ってくる小林に対して、塚越は徐々にペースを崩してミスが目立ちはじめる。3度もブレイクを許し、勝敗はファイナルセットに持ち越された。ファイナルセットはお互いブレイクを奪い合う展開になり、まさに意地と意地のぶつかり合いとなった。塚越は必死に食らいつくも、第10ゲームを落として敗戦。大学王者に善戦するも、あと一歩及ばなかった。

 主将、長田和典(スポ4)は互いに1回ずつブレイクした後は、キープが続きタイブレイクへ。互いにポイントを奪い合うも長田が際どい所に放って競り勝ち、このセットを奪取した。セカンドセットはいきなりブレイクしてリードするも、第8ゲームに逆転を許してしまい、続くゲームをキープされて五分に戻されてしまう。
ファイナルセットは互角に渡り合うも第9ゲームをブレイクされてしまい、王手をかけられてしまう。 だが続くゲームを長いデュースの末にブレイクバック。続く第11ゲームもブレイクされるも、驚異の粘りでまたブレイクしてこの試合2度目のタイブレイクに持ち込む。タイブレイクでも一時は1-3とリードも許すもそこから6連続ポイントを奪ってこの激闘を制した。長田はこれで今季初白星となり、主将の意地をみせた。

 王者早大に3-6で敗れた法大。シングルスで3勝をあげただけに、ダブルス全敗が大きく響いた。ダブルスはリーグ戦で9戦2勝となかなか調子が上がらない。逆にシングルスでは太田が3連勝と好調をキープすると、塚越も相手のエースと堂々と渡り合い、そして主将長田も待望の白星を挙げた。長田はチームの敗戦が決定した中でも、集中を切らさず何度も王手をかけられても諦めず粘って白星を勝ち取った。この主将の背中をみて選手達が何かを感じたに違いない。リーグ戦は残り2戦。法大の意地をみせてほしい。