MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子(1部) 第4戦(対 中央大学)
2016年9月5日(月) @亜細亜大学テニスコート

第4戦 (9月5日) ○法政大学 6-3 中央大学


選手スコア対戦相手
D1〇山田(4年)・塚越(4年)
6-1 6-7(6) 6-2
松浦・大和田
D2〇長田(4年)・前崎(2年)
6-3 5-7 6-4
古田・望月
D3〇米田(2年)・楠原(1年)
6-2 7-6(3)
宇佐美・正林
S1×塚越(4年)
6-2 0-6 1-6
望月
S2〇前崎(2年)
5-5Ret
正林
S3×太田(3年)
4-6 4-6
大和田
S4×藪(1年)
4-6 2-6
斎藤
S5〇村上(4年)
7-5 6-2
田中
S6〇寒川(3年)
6-0 6-1
菱田


(スポーツ法政記事より)

亜細亜大日の出キャンパス内テニスコートで行なわれた関東大学テニスリーグ(リーグ戦)の中大戦。2試合を残し、いまだ勝ち星がない法大にとって、負けたくない一戦だ。ダブルスにはD1として塚越雄人(経4)・山田晃大(社4)、D2には長田和典(スポ4)・前崎直哉(経2)が、そしてD3は米田崇人(社2)・楠原悠介(経1)となった。米田・楠原ペアはファーストセット、序盤からアクセル全開で試合に挑む。第2ゲームでブレイクすると、ブレイクを重ね、6-2でセットを先取する。セカンドセットは第2ゲームでブレイクに成功する。その後米田のリターンや楠原の前での動きが生き、第4ゲームでもデュースに持ち込むがここはブレイクならず。しかし相手も粘りを見せ、第7ゲームではブレイクバックされてしまう。そして勝負はタイブレイクへ。米田・楠原が得意とするタイブレイクでは徐々にポイントの差をつけ、ものにした。D2の長田・前崎ペアは第1、2ゲームとブレイク、ブレイクバックを経てまたもやブレイクを追加する。1つブレイクを返されるも、集中したプレーで第9ゲームもブレイク。6-3でファーストセットを奪取すると、セカンドセットでは好調の長田が繰り出すサーブや、決定力のある前崎のボレーでサービスゲームではキープすることができるものの第9ゲームでブレイクポイントを握られ、そのままブレイクされてしまう。なんとか試合の流れをイーブンに戻したい長田・前崎は巧妙なコースのショットを繰り出し、第10ゲームでブレイクに成功。しかし続く第11でまたもやブレイクされてしまい、セカンドセットは5-7で落としてしまった。ファイナルセットではいち早くブレイクしたいところであったが第1ゲームでブレイクされる。直後のゲームでブレイクを返し、一進一退の攻防が続く。しかし最後は主将である長田、そして彼を支える前崎の意地が彼らを駆り立てた。第9ゲームでブレイクすると6-4でファイナルセットをとり試合に勝利した。

 最後まで試合を行なっていたのは、塚越・山田ペアだった。出だしは好調。第4ゲームでブレイクし、相手の甘いショットにも確実にスマッシュで対応する。第6ゲームでもブレイクし、ファーストセットは6-1。セカンドセットでは相手サービスゲームである第1ゲームでデュースまで競るもブレイクはならず。その後もブレイク、ブレイクバックを通し第9ゲームではブレイクポイントを3度にぎるもブレイクすることは叶わず。そこから苦戦を強いられる塚越・山田。試合はタイブレイクへと運ばれていく。ここでもミスが目立ち、惜しくもセットをとられてしまった。ファイナルセットでは最上級生ペアが再度覚醒する。ブレイクに成功すると試合の流れは優勢。6-2でセットをわが物にしダブルス全勝となった。

 負けられない一戦に挑む法大を勢いづけたのは寒川雄太(スポ3)。クロスやスマッシュなどを次々と決め、試合を完全に掌握。6-0で第1セットを終えた。第2セットでは第3ゲームにブレイクされたがそれ以降隙を与えず、6-1で完全勝利を果たした。

 快勝した寒川とは対照に、苦境に面していた選手がいた。藪巧光(経1)だ。序盤から相手にブレイクされたものの、鋭いリターンで巻き返しを図る。途中、4-3で勝ち越していたが、デュースの末ゲームを取られる場面が多く見られた。4-6と逆転され、第1セットを相手に譲ってしまう結果となった。第2セットも再び第1ゲームをブレイクされてしまう。第3ゲーム、粘り強さを発揮し、ゲームをキープ。勢いそのまま第4ゲームもブレイクしたが、その後はなす術もなく全てのゲームを相手に取られてしまう。2-6でセカンドセットを終え、本日初黒星となった。

 予想外の展開に直面したのはS2として出場した前崎直哉(経2)といえる。ファーストセットでは互角の戦いを続け、ゲームカウントは5-5となった。緊迫した状況の中、アクシデントが起きる。ダブルスの疲れも溜まっていたのか対戦相手の正林知大が足首を抑えてうずくまってしまった。試合続行不可とみなされ、正林が棄権。前崎の勝利が決まった。

 ハプニングに目もくれず試合に没頭し、白熱した試合を繰り広げていたのは副将、村上彰啓(経4)。ラリーに持ち込んで相手の体力を削り、ミスを誘うプレイスタイルの村上。1分30秒前後にも渡るラリーを平然とやってのけた。ラリーの末、相手に得点される場面もあったがいくら打っても返ってくる村上からのボールは着実に相手から体力と気力を奪っていった。しかし、相手も得点を積み重ね、第1セットのゲームカウントは5-5となった。ここで接戦でこそ燃える男、村上が相手を突き放しにかかる。第11ゲーム、第12ゲームを連取。5-7で第1セットを制した。第2セットも第1セットの流れを引き継ぎ、村上の粘るテニスが相手を苦しめ、6-2でゲームセットとなった。この時点で法大の勝利が確定。

 これまで全勝していた太田悠介(経3)にストップがかかった。太田は全日本学生テニス選手権(インカレ)で塚越が敗れた相手、大和田秀俊に苦戦する。第1セットも第2セットも第1ゲームからブレイクされるという出だしの悪さが試合に影響した。惜しくも6-4、6-4で太田はリーグ戦初の黒星を挙げてしまった。

 塚越はインカレ準優勝の実績を持つルーキー、望月勇希相手に6-2で第1セットを取る上々の出だしを見せる。しかし、第2セットに入り、相手が頭角を現した。塚越のミスと相手のテクニックが相まって0-6と完封されてしまう。1-6で取られたファイナルセットでは積極的に走るというよりかは相手に走らされているという印象を受けた。エース対決は中大に分売が上がった。

 中大相手にダブルス全勝、そして早い時点で勝利を決めることができたのは大きな収穫といえるだろう。本日のシングルスには1年生から4年生まで幅広い年代が出場した。選手層も厚くなりつつあるということの現れか。4年生は次戦が最後の試合という可能性がある。持てるだけの力を出しつくし、笑顔でリーグ戦を締めくくりたい。