MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子第1部第1戦 対慶應義塾大学
2017年9月4日(月) @9/4有明テニスの森、9/5亜細亜大テニスコート

第1戦 (9月4日、5日) ×法政大学 4-5 慶應義塾大学

選手スコア対戦相手
D1○寒川(4年)・鈴木(2年)6-2 6-3
福田・今村
D2×小見山(3年)・楠原(2年)
3-6 4-6
逸崎・畠山
D3×太田(4年)・前崎(3年)
5-7 3-6
上杉・韓
S1×前崎(3年)
2-6 3-6
上杉
S2×寒川(4年)
2-6 1-6
逸崎
S3○太田(4年)
6-1 6-2
福田
S4×岡垣(1年)4-6 6-2 3-6
今村
S5○藪(2年)
6-4 5-7 6-2
畠山
S6○松尾(3年)
1-6 6-1 6-1
中村


(スポーツ法政記事より)

 インカレで3位となり波に乗る小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2)ペアは、同じく準優勝の逸崎・畠山ペアと対戦。楠原の落ち着いたリターンと、小見山の力強いボレーを中心に第3ゲームをブレイクするも、続くゲームをブレイクバックされる。その後はサービスキープが続くが、第8ゲームをブレイクされ、3-6でファーストセットを終える。 続くセカンドセットの第2ゲーム、この日ミスが目立ち、天を仰ぐ場面が多くあった小見山が、これを挽回せんとばかりに技ありのロブを披露。デュースにもつれる激戦となるが、これをブレイクできず。その後も楠原のサービスエースなどで食らい付くも、第8ゲームをブレイクされ勝負あり。今一番波に乗っているペアだったが、アップセットはならなかった。  

 寒川雄太(スポ4)・鈴木保貴(スポ2)ペアは磐石の試合運びだった。最初のゲームこそブレイクを許すも、その後はラリーで強みを見せ、大崩れしないテニスでサービスキープを続け、着実に相手のサービスゲームをつぶしていった。ファーストセットを6-2で勝ち取ると、セカンドセットもラリーを確実にものにする展開。ラリーの中で積極的に前進した後にとどめをさすという息の合ったプレーで圧倒。ストレート勝ちをおさめた。

 太田悠介(経4)・前崎直哉(経3)ペアはファーストセットで5-7と惜敗。セカンドセットも太田の伸びのあるサーブや前崎のボレーは光ったが、慶大上杉のサーブはそれを凌駕する好調ぶりで、8ゲーム目で2度目のブレイクを許し、ストレート負けとなった。

 ダブルスでの負け越しを挽回するべく、シングルスの選手陣も気合が入った。長期間のけがの治療の末、復活した松尾魁人(社3)の姿がコートにはあった。松尾のサーブから始まったS6の試合。低めのボ―ルやラインぎりぎりを狙ったためか、松尾のボールは相手のコートに落ちない。ミスから相手に4ゲーム連取されてしまう。1ゲームキープするも1-6でセカンドセットへ。ファーストセットの流れを断ち切れるかがポイントとなったセカンドセット。徐々に松尾が長いラリーを通して調子を取り戻し始めた。ボールが中村の顔面にヒットするというアクシデントもあり、完全に流れは松尾へ。セカンドセット6-1、ファイナルセット6-1で試合終了。完全復帰した松尾はチームの重要なピースとなるだろう。

 岡垣光佑(経1)は上々の出だしを演出。ゲームを連取し2-0.しかし、相手もゲームを連取し2-2。第7ゲーム、第10ゲームをブレイクされ、4-6でファーストセットを終える。岡垣はセカンドセットもいい入りを見せ、4ゲーム連取。6-2でファイナルセットへ望みをつないだ。プレースタイルが似ているのか、互いに粘り強くラリーを続けた。1ブレイクされ2-4で勝負は明日へ持ち越された。

 藪巧光(経2)はほとんどのゲームでデュースになるという接戦となった。相手の強烈なフォアハンドに苦しみながらも藪は執念深くボールを拾った。その執念が相手のミスを呼び、ゲームカウント1-3から6-4へひっくり返した。コート際の応援に笑顔で答える余裕のある藪のセカンドセットに法大の命運がかかっているといっても過言ではない。勝負は明日、決まる。


 前日からのスコアを引き継いで行われた岡垣光祐(経1)と藪巧光(経2)の試合は対照的な展開となった。昨日セカンドセットを奪い、勢いに乗るかと思われていた岡垣であったが、「はじめてのリーグ戦にのまれた」と語るように100%の実力を発揮するには至らず敗戦。対する藪は昨日の長丁場での粘りあいから一転、自らのペースに持ち込み、6-2でファイナルセットを勝ち取った。

 続くは4年生、寒川雄太(スポ4)と太田悠介(経4)。寒川は慶大の看板選手である逸崎に完敗するも、太田が盤石のテニスで完勝。スコアは4-4となり、会場の視線は前崎直哉(経3)に注がれた。前崎の相手もおなじく慶大の看板選手である上杉。ファーストセットを落とし、セカンドセットも一気に1-5まで追い込まれる。万事休すかと思われたが、この土壇場、チームを声援を一身に受けた前崎は第7ゲームを執念のブレイク。続くゲームをキープし、この第9ゲームをブレイクすればフルセットがが見えてくる展開で、デュースまで持ち込むも及ばず。試合後、主将の太田が悔しさからこみあげる感情を必死にこらえる姿が印象的であった。