MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子第1部第2戦 対明治大学
2017年9月9日(土) @中央大学テニスコート

第2戦 (9月9日) ○法政大学 7-2 明治大学

  *雨天のため7日から順延

選手スコア対戦相手
D1
○寒川(4年)・鈴木(2年)
2-6 7-5 6-4
田鍋・杉田
D2
○太田(4年)・前崎(3年)
6-3 7-6(4)
吉見・鈴木
D3
○楠原(2年)・柚木(1年)
4-6 6-3 6-4
合戸・安増
S1
×前崎(3年)
6-3 2-6 2-6
本城
S2
○太田(4年)
6-2 6-1
中村
S3
○岡垣(1年)
6-2 6-1蓮見
S4
×藪(2年)
1-6 4-6 鈴木
S5
○松尾(3年)6-1 4-6 6-4
吉見
S6
○鈴木(2年)
6-3 6-1
市川


(スポーツ法政記事より)

ダブルス

雨天のため、0-2で順延となった寒川雄太(スポ4)・鈴木保貴(スポ2)の試合。芳しくない出だしの流れを断ち切りたい2人だったが、ファーストセットを2-6で落としてしまった。気持ちを切り替え、臨んだセカンドセット。9ゲーム目にブレイクされ、4-5。勝負所で粘り、デュースの末ブレイクバック。ゲームカウント5-5。なんとか危機を乗り越えた。流れに乗った2人は12ゲーム目もブレイクし、7-5。1ゲーム目からブレイクされたものの、2ブレイクして6-4。2-6,4-5からの逆転勝利を収めた。

ファーストセット、圧倒的な強さを見せたのは太田悠介(経4)・前崎直哉(経3)。6-3でファーストセットを制した。2人とも前に出るという攻めのテニスで相手を苦しめた。後半は前半とは打って変わってなかなか相手を引き離すことができず、ゲームカウント6-6。タイブレークへ。前崎のスマッシュ、太田のサービスエースで7-4。2人の歓喜の声が響いた。

隣の太田・前崎の勝利が決まったころ、楠原悠介(経2)・柚木武(スポ1)は窮地に立たされていた。ファーストセットを4-6、セカンドセットを6-3で終えた2人。ファイナルセットは良いスタートが切れず、0-3というゲームカウント。他のダブルス2試合が終わり、応援が楠原・柚木ペアに集中した。ここからは圧巻の巻き返し。第7ゲーム、第9ゲームをブレイクし、5-4。最終ゲームは柚木のサービスエースが決め手となりキープに成功。声援が大きな力となった試合だった。

シングルス

期待の新星、岡垣光佑(経1)は同学年対決を得意なラリーを生かし、6-2,6-1で制した。対慶大戦で悔しい思いをしただけに試合後、「勝ててホッとしている」と安堵の表情を浮かべた。明日も「早稲田キラー」に期待が懸かる。

藪巧光(経2)は相手の多彩なショットに苦戦。ストレート、クロスなどコースを変えてくる相手に得点を許してしまう。いつもの笑顔が見られないまま1-6,4-6で試合を終えた。

長い間、けがに苦しんでいた松尾魁人(社3)。明大主将の吉見恒輝との対戦となった。1ゲーム目からブレイクする上々の出だし。その流れを保ち、6-1でファーストセットを手にした。しかし、第2ゲームから相手が勢いづいてきた。長く続くラリーを落とした松尾は精神的にも身体的にも参っていった。4-6でセカンドセットを落とし、むかえたファイナルセット。第3ゲームで松尾はメディカルタイムアウトを要求。腰の痛み、足の疲労が限界に達していた。しかし、「最後は気持ち」。痛みに苦しみながらも松尾は勝ちたいという気持ちを胸にボールを拾い続けた。長いラリーに耐え、6-4。松尾の執念が勝利を引き寄せた。

これまでダブルスでの活躍が注目されていた鈴木はS6として出場。「夏関(関東学生選手権)から少しずつ良くなってきた」ボレーやストロークを駆使し、6-3,6-1。鈴木は夏関に続き、リーグ戦でも好調さを見せつけた。

中央のコートで躍動しているのは主将・太田。得意なサーブはもちろん、ラリーでも相手を上回っていた。「取れないボールない」という声が応援側から飛ぶほどコートを縦横無尽に駆けめぐりボールを拾った。6-2,6-1で文句なしのストレート勝ち。コートには勝ちにこだわる主将の背中があった。

法大の勝利が決定した後、前崎の試合が始まった。チームの勝利は確定したが、白星の数はリーグ戦の結果を左右するため、1試合でも多く勝っておきたい法大。ファーストセットは6-3。コースを狙いすぎたのか、セカンドセットから前崎のボールがコートからわずかに外れる場面が多く見られた。2-6,2-6でセカンドセット、ファイナルセットを落とし、前崎の敗戦が決まった。

明大相手に7-2という好成績を残した。明日の対戦相手は王者・早大。王者相手に食い下がれるか。