MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子第1部第3戦 対早稲田大学
2017年9月10日(日) @亜細亜大学テニスコート

第3戦 (9月10日) ×法政大学 3-6 早稲田大学

選手スコア対戦相手
D1
×寒川(4年)・鈴木(2年)3-6 1-6
河野・島袋
D2
×太田(4年)・前崎(3年)
1-6 6-4 2-6
坂井・田中
D3○小見山(3年)・楠原(2年)
6-2 6-7(5) 6-1
齋藤・千頭
S1
○前崎(3年)7-5 RET
島袋
S2
×太田(4年)
2-6 1-6
坂井
S3
○岡垣(1年)
6-2 7-6(2)
古田
S4
×藪(2年)
5-7 5-7
三好
S5
×松尾(3年)
3-6 3-6
小林
S6
×鈴木(2年)
4-6 4-6
田中

(スポーツ法政記事より)

ダブルス

 D1は今日も寒川雄太(スポ4)・鈴木保貴(スポ2)に託された。インカレ(全日本学生選手権)ダブルスを優勝した河野優平・インカレシングルスを優勝した島袋将という早大最強ペアとの対峙。第4ゲームまで均衡を保ったものの、ブレイクされ3-6でファーストセットを落とした。セカンドセットも相手に圧倒され1-6。少しでも甘いボールを打つとスマッシュになって返ってくるという相手の圧倒的なテニス押され、3連勝とはならなかった。  

 3ブレイクされ、1-6でファーストセットを終えた太田悠介(経4)・前崎直哉(経3)ペア。セカンドセットはキープを続け4-4。相手の連続ダブルフォルトを生かし第9ゲームをブレイクし、6-4でファイナルセットまで望みをつないだ。サーブを得意としている太田のゲームをブレイクされたことによって流れは相手に渡る。相手の叩きつけるような強いショットに押され第8ゲームを落とし、ゲームカウント2-6。粘りを見せたが敗北を喫した。  

 健闘を見せたのはインカレ3位の成績を残した小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2)。第1ゲームからブレイクされ、不安なスタートを切った。しかし、小見山がストロークで相手を消耗させ、ネット際に控える楠原が突然ボレーでリズムを変えるという攻撃スタイルが完成していた。すぐさま第2ゲームでブレイクバックし、勢いそのままに第6ゲームもブレイクし、6-3。セカンドセットへ。ファーストセットの流れを引き継ぎ、4-0。5-4でマッチポイントを握るも、相手の反撃にあい、6-6。タイブレークは5-5から相手の3連続ポイント。ストレート勝ちと予想されていた試合はファイナルセットまでもつれこんだ。しかし、接戦に強い小見山・楠原の本領が発揮された。6-1で試合をものにし、「インカレ以上の出来」と試合を振り返った。

シングルス

藪巧光(経2)は、初めは好調かと思われたが、相手にブレイクを決められ5-6まで追い込まれる。ファーストセットは最後まで粘ったものの5-7で取られてしまった。セカンドセットに入ってからも同点を維持した場面もあったが、5-7で試合を終えた。  

松尾魁人(社3)は、去年インカレ優勝者の小林雅哉との対戦となった。第4ゲームまでは相手のペースに乗せられ自分のテニスをさせてもらえなかった。それに負けていられない松尾も3ゲームはものにするものの、3-6でファーストセットを終える。セカンドセット前半、調子を取り戻したかと思われたが相手に追いつかれてしまい、3-6で苦しい戦いに幕が下りた。  

鈴木は、キープの状態が続いたが、最後にブレイクを取られてしまう。結果、2セットともブレイクを取られてしまった。右手を痛めたこともあり4-6,4-6で結果を残すことができなかった。  

前崎は、序盤から3ゲームを一気に制し、勝利に期待が懸かる。何度かデュースを迎え5-5までもつれこんだものの、7-5でファーストセットを守り抜いた。セカンドセットに入る前に相手選手の棄権があったため、前崎の勝利となった。  

主将である太田は、ファーストセットで強烈なサービスエースが決まる、デュースを制するなどいい面もあったが、巧みな相手からのボールをなかなか打ち返すことができず、ストレート負け。

早大の上位陣を倒した夏関の経験から、再度早稲田からの勝つことを試みる岡垣光佑(経1)は、タイブレイクに持ち込むまでの接戦を繰り広げた。ファーストセットは自分のテニスを続け、6-2と上々の滑り出しを見せる。セカンドセットでは、デュースになるゲームが何度かあり、そのままタイブレイクへ。最後の最後まで集中力が途切れることなくタイブレイクを見事に制し、再び早稲田からの勝利を収めた。

圧勝した明大戦。今回の早大戦との違いはダブルスの白星の数が大きいといえる。ダブルスで1つでも多くの勝利を挙げることがシングルスの選手のモチベーションにもつながる。選手たちを待ち構えているのは勝負の中大戦だ。