MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子第1部第4戦 対中央大学
2017年9月13日(水) @亜細亜大学テニスコート

第4戦 (9月13日) ×法政大学 3-6 中央大学

選手スコア対戦相手
D1
×寒川(4年)・鈴木(2年)
7-6(7) 5-7 4-6
大和田・望月
D2
○小見山(3年)・楠原(2年)
6-7(3) 7-5 6-1
宇佐美・正林
D3
○太田(4年)・前崎(3年)
6-4 6-0
玉城・小峰
S1
×前崎(3年)4-6 2-6
望月
S2
×太田(4年)
4-6 2-6
大和田
S3
×藪(2年)
2-6 3-6
正林
S4
×岡垣(1年)
6-3 3-6 1-6
斎藤
S5
○鈴木(2年)
 6-1 7-6(5)
田中
S6
×松尾(3年)
3-6 6-1 3-6
宇佐美


(スポーツ法政記事より)

ダブルス

D1は早大戦に引き続き寒川雄大(スポ4)・鈴木保貴(スポ2)。相手は夏関優勝者大和田秀俊と望月勇希ペアで中大の中でも強豪の2人だ。ファーストセットはブレイクを取ったり取られたりと接戦を見せる。そして、そのままタイブレイクが始まると、鈴木のバックハンドが綺麗に決まるといった良い面が光りこのセットをものにした。しかし、セカンドセットでは、何度かあったデュースを決められず、ファイナルセットまで持ち込まれてしまう。結果、法大は2度のブレイクを取られ、強豪の2人を倒すことはできなかった。  

D2では早大戦のダブルスで唯一健闘を見せた小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2)ペアが再び亜大に登場した。ファーストセットは、D1コートと同じく両者譲らずタイブレイクへ。始め、相手に5ゲーム差をつけられその巻き返しを図ったものの、6-7でタイブレイクをものにすることはできなかった。しかし、終盤を得意とする小見山・楠原ペアはセカンドセットから徐々に調子を上げてくる。セカンドセット、序盤は2度のデュースを取られてしまったものの、2-4から5-4まで一気に巻き返すといった肝心なところを決めるプレーを見せ、7-5でセカンドセットを奪い返した。さらに、ファイナルセットでは、相手のペースに乗せられることなく、安定した自分たちのプレーを見せ6-1で圧勝を喫した。

D3では、2度のブレイクを果たし6-4でファーストセットを取った太田悠介・前崎直哉ペアが奮闘していた。セカンドセットでは、4-0時点で長めのデュースを見事に制すと、相手に点を一切与えることなく6-0と圧巻のストレート勝ちを喫した。(下石川愛実) 

シングルス

S6の松尾魁人(社3)は第3セットでブレイクするも第6セットで返されると第8セットを落としてしまい、その後もキープされファーストセットを落としてしまう。  だがセカンドセットは5セット連続で奪って勢いに乗り最終的にはセットカウント6-1で五分に追いついた。  ファイナルセットはいきなりブレイクするもすぐにブレイクバックされてしまう。するとその後は相手に左右に振られるテニスに苦戦し、徐々にポイントを落としていく。結局ブレイクを2つ許してこのセットを落とし敗れた。  

S5の鈴木保貴(スポ2)は第3ゲームをブレイクすると第5ゲームもブレイク。有利なまま第7ゲームをキープし、このセットを奪った。 セカンドセットもこの勢いでいきたかったが、ブレイクして迎えた第9ゲーム。ここを取れば勝利だったが、相手の粘りに合いブレイクバックを許してしまう。その後は互いにキープして勝負の行方はタイブレイクに持ち込まれた。  いきなり4ポイント連続で取られ絶体絶命に陥る鈴木。だか相手のネットミスで1点返すと驚異の反撃が始まる。リターンエースを決めるなど、一気に6ポイントを奪って逆転に成功。そして6-5で迎えた場面、緊迫したラリーが続く中で鈴木が放ったダウンザラインはコート内に決まり勝負が決した。鈴木はシングルスで法大勢唯一の勝利となった。  

S4で登場した岡垣光佑(経1)は第5ゲームでブレイクすると、持ち前の粘りのテニスでポイントを積み重ねていく。第8ゲームもブレイクバックされるもその後のゲームでブレイクして、このセットを奪った。 好調な岡垣だったが、腰を痛めてしまい動きが鈍くなってしまったところを相手に痛打されていく。セカンドセットはいきなりブレイクにされて出鼻を挫かれるとブレイクバックを出来ないまま、第7ゲームも落としてしまい窮地に追い込まれる。第8ゲームはブレイクバックされるも、続くゲームを落として勝負はファイナルセットに持ち込まれた。 ファイナルセットも復調の兆しがないまま、ゲームを落としていく。第2ゲームをブレイクされて、第4ゲームも落として苦しい展開に。第5ゲームをブレイクバックするも、その後連続でゲームを落として、敗戦が決まった。  

S3の藪巧光(経2)は序盤から調子が上がらず、いきなりブレイクを許す。その後何度もブレイクを許しこのセットを落とした。巻き返しを図ったセカンドセットもダブルフォルトなどのミスもあり、ゲームポイントを落としていく。第8ゲームをブレイクバックするも万事休す。続くゲームをブレイクされ、悔しいストレート負けとなった。  

S2の太田悠介(経4)主将は夏関(関東学生選手権)準優勝の強敵の対戦。太田が得意としないラリー勝負に持ち込まれ、苦戦を強いられる。第5ゲームをブレイクされ、第7ゲームも落としてしまう。その次のゲームも落としてこのセットを奪われた。  反撃に出たい太田だったが、相手の力強いショットに太刀打ちできずにミスを連発。太田らしい圧倒するテニスが出来ずにこのセットも落とし、ストレート負けとなった。  

S1の前崎直哉(経3)は一進一退の攻防が続くがファーストセットは1つのブレイクに泣き落としてしまう。セカンドセットも第6ゲームのブレイクが響いて、奪われてしまい、また勝利することは出来なかった。  タブルスで勝ち越すもシングルスで大幅に負け越してしまい、王座進出に向けて大事な中大戦を落としてしまい、厳しくなった法大。だが下を向いているだけではいられない。入れ替え戦回避に向けて、亜大戦では圧倒的な勝利が求められる。来年に繋げる戦いをみせ有終の美を迎えたい。