MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ男子第1部最終戦 対亜細亜大学
2017年9月19日(火) @9/16中央大テニスコート、9/19慶大テニスコート

最終戦 (9月16、19日) ○法政大学 9-0 亜細亜大学

選手名スコア対戦相手
D1
○寒川(4年)・鈴木(2年)6-2 7-6(5)
橋本・恒松
D2
○小見山(3年)・楠原(2年)
6-0 2-6 6-4
加藤・高見澤
D3
○太田(4年)・藤井(2年)
6-3 6-4 児玉・清水
S1
○前崎(3年)7-5 5-7 6-3
橋本
S2
○太田(4年)
6-4 5-7 6-1
熊坂
S3
○岡垣(1年)7-5 6-2
恒松
S4
○藪(2年)
7-6(3) 2-6 6-2
高見澤
S5
○鈴木(2年)
6-1 6-2
工藤
S6
○松尾(3年)
6-4 6-4
呉岡

(スポーツ法政記事より)

来たる決戦の日。会場は偶然にも昨年の4年生も引退試合を行なった慶大日吉キャンパスだった。1年前、この会場で敗れ、4年生に頭を下げながら大粒の涙を流していたのは鈴木保貴(スポ2)。鈴木は一回り大きくなってコートへ帰ってきた。6-1,6-2という圧倒的なスコアで勝利。泣き顔ではなく、破顔する鈴木がいた。  

 次に白星を挙げたのは期待のルーキー、岡垣光佑(経1)。ファーストセット5-4からのリスタートとなった。タイブレークまでもつれるかと思われたが正確なショットが光り、5-7。セカンドセットもラリーでゆっくり相手を追い詰める岡垣の策が功を成し、6-2というゲームスコアで試合終了。上級生相手にストレート勝ちという活躍を見せた。

けがから復帰した松尾魁人(社3)はトップスピンをかけたフォアハンドを多用し、得点を積み重ねる。幾度もデュースに持ち込まれるも要所でポイントを手にし、6-4,6-4。松尾の勝利はチームを鼓舞した。  

今季リーグ戦での白星が対慶大戦の1試合のみの藪巧光(経3)の試合はブレイクの応酬となった。ゲームカウント6-6でタイブレイク。0-3と相手に押されていたが、藪の負けん気が勝利を引き寄せた。ボールを執念深く追い、7連続ポイントで大逆転。7-3でタイブレイクを制した。その後、ネットなどのミスが目立ち、藪に我慢の時が訪れた。フラストレーションが溜まる中、セカンドセットは2-6で相手の手に渡った。勝敗が決まるファイナルセット。藪は第3ゲームをブレイクされるも、落ち着いたプレーを見せ5ゲーム連取。藪の勝利が決まった。  

主将・太田悠介(経4)の最後の試合が始まった。均衡を保っていたが、多彩なショットで攻めた太田に軍配があがった。6-4で先制に成功し、乗っていた太田。しかし、セカンドセットで足元をすくわれることとなる。5-2で迎えた第8ゲームでマッチポイントを握るもブレイクに失敗。雲行きが怪しくなり始めた。5ゲームを連取され、フルセットまでもつれ込んだ。しかし、さすがは主将。強靭なメンタルを持ち合わせている。背水の陣を敷き、前に出て攻めるテニスで相手を圧倒。6-1で試合を終えた。学生最後の試合で白星を挙げた。    

苦戦を強いられたのはS1の前崎直哉(経3)。11ゲーム目の1ブレイクに助けられ、ファーストセットを制した。続くセカンドセット、サーブを軸とした攻撃で5-3。前崎のサービスゲームをキープして終わるかと思われたが、相手の猛反撃に遭う。4ゲームを連取され逆転を許した。マッチポイントを握るも1ポイントに泣き、試合はまさかのファイナルセットへ。前崎はセカンドセットの悲劇が尾を引き、出だしからブレイクされてしまう。精神的に堪えていたが、応援を力に変え奮闘。流れに乗った前崎は連続ブレイクを見せた。6-3で試合を終え、仲間に向かって歓喜のガッツポーズを決めた。

対亜大戦は全勝という結果に終わった。