MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東大学テニスリーグ女子 2部3部入替戦 (対 東洋学園大学)
2017年10月8日(日) @東洋学園大学テニスコート

入替戦 (10月8日) ○法政大学(3部1位) 5-2 東洋学園大学(2部6位)

 ★女子チーム初の2部昇格を果たしました!


選手
スコア対戦相手
D1×江見(4年)・下地(2年)
3-6 3-6
小松・林
D2
○長野(4年)・林(3年)
6-2 1-6 6-4
根本・二宮
S1
×下地(2年)
4-6 5-7
小松
S2
○江見(4年)
7-6(5) 6-4
根本
S3
○竹内(1年)
6-1 6-0
ムナスィンガ莉奈
S4
○小松(1年)
6-4 6-3
山田
S5
○林(3年)
6-7(6) 6-2 7-5


(スポーツ法政記事より)

ダブルス
ここ数日、寒空が続いていたが入れ替え戦当日は暖かく青空が広がるテニス日和となった。入れ替え戦の口火を切ったのは江見優生乃(社4)・下地奈奈(社2)と小松莉奈・林桃香の試合だ。江見・下地ペアは関東学生テニス選手権(夏関)ベスト8の成績を残した相手に苦戦。3-6でファーストセットを落とす。セカンドセットもデュースといった大事な場面で粘り切れず3-6。入れ替え戦黒星スタートを切ることとなった。

江見・下地ペアが敗れたため、敗れたらシングルス全勝が絶対条件となるというプレッシャーの渦中にいた長野あさか(社4)・林彩子(社3)。息の合ったプレーで得点を重ね上々の出だしを披露。ファーストセット6-2。調子の良かったファーストセットから一転、3ゲームを連取される。相手チームの歓声、応援に圧倒され2-6。ファイナルセットに望みを懸けることとなった。勝敗が決まるファイナルセットで主将・長野が多くのサービスエースを決める。長野はサーブだけではなく、ラリーも粘り強く追った。長野のここぞという時に決められる精神力の強さが発揮された。林も長野とともに調子をあげボレーで貢献。サーブ、ラリー、ボレーなど多様な攻撃ができる長野・林ペアは強かった。6-4でファイナルセットを終え、勝利を挙げた。(高野茜)

シングルス

 2部昇格をかけた大一番。先に行われたダブルスは1勝1敗と勝負はシングルスに託された。 

はじめに勝利を手繰り寄せたのは竹内あやか(社1)だった。ファーストセットでは2ゲーム目でブレイクに成功するも3ゲーム目でブレイクバックを許し、試合は振り出しに。しかし4ゲーム目からは試合の時主導権を握り始め、ファーストセットを奪取。続くセカンドセットは相手に1ゲームも与えないストレート勝ちとなった。期待の新人がチームを確実に勢いづけた。

竹内の隣のコートでは同じくルーキーの小松茉莉奈(経済1)が奮闘を見せた。ファーストセットでは4ゲーム目にブレイクし、一気に流れを引き寄せる。このままファーストセットを難なく奪うと思いきや、8ゲーム目から相手の猛攻を受ける。緩急をうまく使いこなす相手に翻弄されるも6-4と逃げ切る。続くセカンドセットも度重なるピンチに見舞われるも後半には力強いストロークを見せ、6-3で勝利をおさめた。

2部昇格を決定づけた林彩子(社3)の試合は大混戦だった。林は惜しくもファーストセットをタイブレイクの末、落としてしまう。しかし相手の強烈なクロスへの打球になんとか持ちこたえ、セカンドセットを奪取すると勢いそのままにファイナルセットを6-5で制した。

仲間達の勝利が江見優生乃(社4)の後押しとなった。ファーストセットは相手の伸びのあるサーブに苦戦しタイブレイクにもつれこむ。しかし、ここで上級生エースとしての意地を見せる。サーブ&ボレーで相手の意表をつき、このセットを奪取するとセカンドセットは前半のリードを生かし6-4で勝利。思わず涙がこぼれた。

仲間達が見守るなか、下地奈奈(社2)は夏関の覇者・小松莉奈相手に4-6,5-7と奮闘を見せた。敗れはしたものの今後へ向けて確かな手応えを掴んだ。   大混戦となったシングルスであったが、そこには常に仲間達の大きな声援があった。まさに全員で掴んだ勝利だった。

Photo

整列
整列
主将長野と3年生林のペア。ファイナル6-4で勝利!
江見・下地組は惜しくもストレートで敗れる
シングルスNo.2の江見(4年)は会心の勝利!
林(3年)は激闘を制しファイナル7-5で貴重な勝利を挙げた。
下地(2年)は敗れはしたがNo.1として立派な戦いを見せた。
竹内は1年生ながら思い切りのいいテニスで6-1,6-0の快勝!
学生トレーナーの皆さん。選手のサポートありがとう。
応援頂いたOG。水沼(左)、川島(中)、川上(右)
前列)神和住部長、関口OB  後列)森田OB、植村監督、日下OB
玉那覇ヘッドコーチから喜びの一言