MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2018年度(平成30年度)関東大学テニスリーグ 男子 第1部 第1戦 対中央大学
2018年9月3日(月) @9/3、9/5ともに慶大コート

第1戦 (9月3日、5日) ○法政大学 7-2 中央大学 


選手
スコア対戦相手
D1◯小見山(4年)・楠原(3年)
1-6 7-6(4) 6-1
宇佐美・望月
D2◯鈴木(3年)・藤井(3年)
6-4 6-2
池田・清水
D3◯前崎(4年)・柚木(2年)
6-4 6-4
杉山・小峰
S1×柚木(2年)
7-6(3) 3-6 5-7望月
S2×鈴木(3年)
6-2 3-6 1-6
清水
S3◯岡垣(2年)
7-5 6-4
田中
S4◯藪(3年)
6-2 6-2
斎藤
S5◯前崎(4年)
2-6 6-1 6-3
宇佐美
S6◯小見山(4年)
3-6 6-3 6-0
小峰


(「スポーツ法政」記事より) 

戦評

ダブルス

D1は小見山僚(スポ4)・楠原悠介(経3)ペアはインカレのシングルスで優勝した望月勇希のいる、宇佐見皓一ペアと対戦。第1セット、相手のリズムで試合を展開され、流れは完全に中大に。1-6でセットを落とす。第2セット、0-2で迎えた3ゲーム目から、楠原のボレーと力強いサーブ、小見山の際どいコースへのボールが幾度と決まり4-2。しかし、相手ペアも攻めの姿勢でプレーし、タイブレークまでもつれ込む。最初連続ポイントを許すも、その後は一気に自分達へ流れを持っていき、セットを獲得した。ここで勢いに乗った二人は、2ゲーム目の0-40からの楠原の3連続サービスエースや、2人の連携プレー、ナイスショットが炸裂し、6-1でファイナルセットを取り、勝利を収めた。

D2で登場したのは鈴木(スポ3)・藤井(社3)ペア。清水一輝・池田悠人ペアとの対戦に挑んだ。 第1セット、サービスゲームを危なげなくキープする法大ペアとは対照的にサービスゲームで苦戦する中大ペア。その中で迎えた第7ゲーム、いきなり法大ペアが3ポイントを連取してブレークチャンスをつかむとその流れでこのチャンスをしっかりものにし見事ブレークに成功する。第8ゲームでブレークポイントを握られるもこのピンチを乗り切り、このセットを6-4で取る。 第2セットは終始法大ペアペースに試合が進む。藤井のネット側でのボレーが次々と決まりいきなりブレークを果たすとその後は相手に全く隙を見せず、終わってみればこのゲームを6-2で取り、トータル2-0のストレートで勝利を収めたい。

D3では、先月のインカレでベスト16に入った前崎直哉(経4)・柚木武(スポ2)が小峰良太・杉山和誠ペアと対戦。お互いに声を出し合いながら、生き生きとしたプレーで試合を進めた。第1セットでは第4ゲームにブレークを許すも、第9ゲームでは相手の絶妙なロブに苦しみながらもデュースまで持ちこむ。アドバンテージを取ると前崎の鋭いリターンが杉山の右を抜けていきブレークに成功。その勢いのままこのセットを6-4で制する。 流れに乗りたい第2セット。第3ゲームでは相手のミスと前崎がベースラインギリギリの位置に鋭いシュートを打ちこみ、ブレイクをとる。第6ゲームでは40-15からデュースに追いつかれる。相手のペースに飲まれそうになるも、ここで前崎が柚木に気合を入れる。すると柚木が2回連続のサービスエース。このゲームをキープし、危なげない試合運びでこのセットも制し、2-0のストレート勝ちを決めた。

シングルス

S4に登場した藪巧光(経3)は昨年のリーグ戦でも対決し勝利を収めた斎藤和哉との試合に臨む。ラリーが続く中でのお互いのミスで得点を許す展開に。しかし5ゲーム目にブレイクすると、粘り強いプレーや積極的に前に出てするボレーが多く見られ、第1セットを先取。そのまま流れを持っていき、第2セットも獲得し、見事白星を挙げた。

S2では、鈴木保貴(スポ3)が、ダブルスの対戦相手でもあった清水一輝との試合が行われた。第1セットは先取を許した鈴木だったが、その後は3度ものブレイクを果たし、見事勝利を収めた。続く第2セット、このままのペースで流れを掴んでいくと思われたが、相手の球を揺さぶるプレーに苦戦。相手のミスを引き出す場面も見られたが、3-6で第2セットでしめ切れず第3セットに結果は持ち越された。第3セットの第3ゲーム前には鈴木の足の負傷により試合が中断。法大選手の応援で気持ちを高めながら残りの試合に挑み、勢いづいた鈴木だったが、相手のペースを崩しきれず惜しくも敗退を喫した。

S3として登場したのは岡垣光祐(経2)。インカレではダブルス準優勝、関東学生選手権大会ではシングルス王者となり調子の良い岡垣だったが、リーグ戦初日では苦しい戦いを見せた。第1セットは相手に先取されるシーンもあったが、なんとかタイブレークに入る前に7-5でものとした。第2セットでは、後半足を少し引きずりながらも長いデュースを無事耐えストレート勝ちを収めた。試合後、思わずテニスコートに寝転がった岡垣。ここからも試合の大変さがうかがえた。

S6では小見山僚(スポ4)が小峰良太と対戦。第1セットはミスショットも多く2度のブレイクを許し、3-6で落とす。しかし第2セット、序盤から流れを自分の方に持っていく。ゲームカウント4-3まで途中迫られるも、そこからは連続でポイントを取り、6-3でこのセットを奪取した。勢いはとまらず、ファイナルセットも力強いショットで次々に得点し、勝利を収めた。

S5では前崎直哉(経4)が宇佐美皓一と対戦。2度もブレイクするも、思うようなプレーが出来ず2-6でセットを先取される。時間の関係でここで試合は中断した。2日後の5日、第2セットから試合は再開。強風の中の試合だったが風をうまく利用。流れを自分の方へ持っていき、あっという間に第2セットを取る。相手も風に慣れてきた第3セット、ラリーの続く場面が多かったが粘りを見せる。さらに、前での攻めの攻撃やサービスエースも決めていき、見事勝利を収めた。

S1には柚木武(スポ2)が登場。相手は今夏インカレチャンピオンの望月勇希。互いに指導権を譲らない白熱した試合展開となった。 第1セット、第3ゲームにブレークを許し、追う展開となったが第10ゲーム、柚木の巧みなプレーが相手のミスを次々と誘い、ブレークに成功する。そのままタイブレークに入ると柚木のサーブやフォアハンドが次々に決まるなどして7-2でタイブレークを制し、このセットを取る。 第2セットは息を吹き返したインカレ王者に第4ゲームでブレークを許す。その後サービスゲームはキープをするもののブレークバックはできずにこのセットを3-6で落とす。 そして第3セット、第4ゲームでブレークに成功するも、すぐにブレークバックを許す。その後、猛暑で互いに体力を奪われる中でも集中を切らさずに緊迫した試合展開に。そして勝負の第11ゲーム、「勝負どころでミスが多かった」と試合後に柚木が語ったようにフォアハンドを次々にネットにかけてしまい、ブレークを許す。最後は相手にサービスゲームをキープされこのセットを5-7、トータル1-2で敗れた。