MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2018年度(平成30年度)関東大学テニスリーグ 男子 第1部 第3戦 対早稲田大学
2018年9月9日(日) @中大コート

第3戦 (9月9日) ×法政大学 3-6 早稲田大学


選手スコア対戦相手
D1×小見山(4年)・楠原(3年)4-6 6-3 1-6
坂井・田中
D2×前崎(4年)・柚木(2年)
6-4 2-6 4-6
齋藤・島袋
D3×藪(3年) ・岡垣(2年)
3-6 1-6
高村・木元
S1×柚木(2年)
3-6 6-4 4-6
島袋
S2◯岡垣(2年)
6-2 6-0
千頭
S3×鈴木(3年)
1-6 1-6
小林
S4◯藪(3年)
6-2 6-2
古田
S5◯前﨑(4年)
7-5 7-6(4)
齋藤
S6×小見山(4年)
4-6 3-6
木元

 

(「スポーツ法政」記事より) 

関東大学テニスリーグ第3戦。前カードの慶大相手に完敗した法大。今カードは、王座へ向けて絶対に負けられない早大。先だって行われたダブルスでは小見山僚(スポ4)・楠原悠介(経3)ペアが春関決勝で対峙した坂井勇仁・田中優之介(早大)ペアと再び対決。ダブルスは勝利を挙げることは出来ず、勝負はシングルスへ。前崎直哉(経4)が最上級生としての意地を見せる気迫のプレーを見せ、勝利するなど奮闘したものの、あと一歩及ばず総合成績3-6で王座が遠のく結果となった。


戦評

ダブルス

D1は小見山僚(スポ4)・楠原悠介(経3)ペアがコートイン。対する早大ペアは坂井勇仁・田中優之介ペア。春関決勝と同じ顔ぶれとなった。楠原のサービスから始まった第1セット。第3ゲームでは相手のポイント先取が重なりブレイクを許す。その後丁寧にサービスゲームをキープするよう努めた2人だったが、第7ゲームで再びブレイクされる。次ゲームではブレイクバックに成功するが4-6でセット先取の機会を逃した。小見山・楠原ペアの粘り強さが光ったのは第2セット第3ゲームだった。比較的ファーストサーブの調子が良かった楠原のサービスから始まったこのゲームは、8回のデュースの末キープに成功。6-3でファイナルセットへとつないだ。ファイナルセットではストロークの正確さが求められた。第2ゲームでブレイクを許すと、その後はストロークのミスが目立った。第6ゲームで再度ブレイクされ、1-6で勝利はならなかった。

D2は前崎直哉(経4)・柚木武(スポ2)ペアが奮闘を見せた。柚木の力強いサーブと前崎のコートカバー力が試される試合展開となった。第1セット第2ゲームには相手のファーストサービスが安定しない好機を生かしブレイクに成功。その後順調にキープを重ねこのセットを6-4で死守。しかし第2セットでは第3ゲームにブレイクを許すと試合の展開は早大ペアペースに。2-6でファイナルセットでの勝負となった。柚木の強烈なサービスと前崎のドロップショットやボレーなど緩急を使ったプレーが光ったものの、ファイナルセット第3ゲームでブレイクを許す。第8ゲームでは3回のデュースをしのぐことができず、悔しい敗戦となった。

D3に今夏のインカレで準優勝し、勢いのある藪巧光(経3)・岡垣光祐(経2)ペアがリーグ戦3戦目にして初登場。第1セットでは最初のゲームからブレイクを奪うなど順調な滑り出し。このまま優位に試合を運ぶかと思われたが相手の鋭いストロークと息の合ったプレーに押され、3-6でセットを落としてしまう。第2セットに入ってもブレイクを許す苦しい展開が続く。最後までお互いの持ち味を生かすことができずこのセットも1-6で落とし無念のストレート負け。ペア間で課題の残る試合となった。

 シングルス

S2は鈴木保貴(スポ3)と一昨年インカレ男子シングルス覇者の小林雅哉との対峙となった。試合は激しいストローク戦となり、些細なミスが勝敗を分けた。第1セット第1ゲームにブレイクに成功するも、次ゲームでブレイクバックを許す。第4ゲームではストロークのミスが目立ちブレイクを許すと粘りきれず1-6でセット先取はならなかった。続く第2セットでは第1ゲームからブレイクされる。鈴木が主導権を握っていたロングラリー中に他コートのボールが入り中断になるなど不運もあった。それでも粘り強くストロークで勝負したものの、1-6で敗戦した。 

S4は藪巧光(経3)が早大副将の古田伊蕗と対戦。試合は終始藪のペースで進んだ。第1セット第1ゲームからブレイクに成功すると勢いが止まらなかった。古田が積極的にフォアハンドで打ち込んでくる打球を、藪はふんわりとベースラインぎりぎりに深く返球。藪らしい、良く力が抜けたテニスだった。そのまま第7ゲームで再びブレイクに成功しこのセットを奪取。続く第2セットでも終始コートのベースラインへ深く球を運び、リードしていく。6-2で第2セットを取り、満面の『藪スマイル』を見せ、貴重な1勝をあげた。

S3には岡垣光祐(経2)が登場。第1セットは「自分らしいテニスができた。」と試合後に語ったように相手に打ちこまれても粘りを見せ、鋭いストロークを打ち返す試合を展開。相手のサーブにも正確なリターンで反応し3回連続でブレークを奪うなど勢いに乗りこのセットを6-2でとる。続く第2セットでも相手のミスショットを逃さず、常に試合の主導権を握った岡垣が1ゲームも相手に奪われず6-0で制する。終わってみれば2セットを通して2ゲームしか奪われず、完勝。コートの上には笑みがこぼれていた。

「ファイナルセットまで行ければなんとかなったかなというのもあるんですけど」。そう語ったのは、S6で惜しい試合を見せた小見山僚(スポ4)。相手は、木元風哉という左利きを武器とし、最近活躍の場を広げる選手だ。第1セットでは、長いラリーを強いストロークで決めるなど、好調な部分も見られたが、小見山が苦手とする部分を狙う相手のプレーに押され3回のデュースを経て得点を許した。第2セットでは、デュースが長く続く展開が多かったため、両者共に疲れた表情を見せていたのが印象的だ。そのため、相手は早くこの試合を閉めようと、左利きを生かしたカーブのあるサーブやリターンを何度も打ち込んでくる。それでも、小見山は相手に食らいつき、0-3から3-4まで追い上げる復讐劇を見せた。しかし、あと一歩及ばず第3セットまで行けず敗戦を喫した。次に向けて「しっかり楽しんでみんなで勝てれば良いなと思います」と語る小見山。笑顔で学生生活残り2回の試合も乗り越えてほしい。

この日一番の白熱した試合を展開したのはS4で登場した前崎直哉(経4)だ。序盤に3ゲームを連続で失う苦しい立ち上がり。しかしキープが続き迎えた第9ゲーム、左右に振られるも必死に食らいつき最後はローボレーをサイドラインぎりぎりに放ちブレイクを奪う。その後もポイントを重ね7-5でこのセットを制す。続く第2セット、最初のゲームからブレイクを奪うもすぐさま相手にブレイクバックされてしまう。互いに一歩も譲らずゲームを重ね、試合はタイブレークに突入する。タイブレークに入っても冷静さを失わなかった前崎、最後は逆クロスに正確なショットを打ちストレート勝ちを収めると、侍ポーズで喜びを爆発させた。

S1として最後に入ってきたのは柚木武(スポ2)。相手はアジア競技大会ダブルス銅メダリストの島袋将。タイトルを見ると、柚木が苦戦を強いられるように見えたが、実際にコートに立ちプレーが始まると両者一歩も引かない大接戦となった。第1セットでは相手に1ブレークされ落としたものの、キープは必ず取るという意識は試合にしっかり反映されていた。巻き返しを図りたい第2セット。3ゲーム目で柚木が先にブレークを決め、2度目のブレークで6-4と見事大逆転。第3セットまで持ち込む試合となった。背の高い柚木ならではの上から打つ力強いサーブや相手の良い球を利用したリターンで第3セットも強い相手に堂々と立ち向かう柚木。終盤に相手に1ブレークを許し惜しくもこの試合には敗戦。しかし、現3年より多くの指導を受け、昨年からの柚木の大きな成長がわかる良い試合となった。