MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2018年度(平成30年度)関東大学テニスリーグ 男子 第1部 第4戦 対明治大学
2018年9月12日(水) @中大コート

第4戦 (9月12日) ○法政大学 5-4 明治大学 


選手スコア対戦相手
D1×小見山(4年)・楠原(3年)
6-2 2-6 5-7
合戸・安増
D2◯前﨑(4年)・柚木(2年)
6-3 7-6(4)
本城・池添
D3◯藪(3年) ・岡垣(2年)
5-7 6-3 7-6(2)
北岡・森
S1◯柚木(2年)
7-5 6-4
本城
S2◯岡垣(2年)
6-1 6-2 中村
S3×藪(3年)
2-6 4-6
市川
S4◯前﨑(4年)
7-6(1) 6-4
蓮見
S5×小見山(4年)
2-6 4-6
田中
S6×藤井(3年)
3-6 1-6
池添

(「スポーツ法政」記事より) 

 関東大学テニスリーグ第4戦。今季リーグ1勝2敗ともう負けられない戦いを強いられている法大。今カードは、何としても勝利をつかみたい明大。先だって行われたダブルスでは2勝1敗と早慶戦で完敗した悔しさを力に変えた。そして勝負はシングルスへ。ビックサーバー柚木武(スポ2)に勝敗の行方が委ねられた。総合成績5‐4と辛勝し、15日に行われる最終戦へ挑む。


戦評

ダブルス

 小見山僚(スポ4)・楠原悠介(経3)ペアが対戦したのは、連敗中の合戸廉太朗・安増篤史ペア。サービスエースで先制し始まった第1セットは、積極的な攻めのプレーで次々と得点し6-2で先取。第2セット、最初のサービスゲームでブレイクを許すと、途中息を吹き返し2-3と迫るも、再び流れは相手に。そのまま2-6で落とし試合はファイナルセットへ。小見山のコース、威力ともに抜群のストロークと、楠原の絶妙なボレーで4-1まで持っていく。しかし6ゲーム目、相手の得意なボレーが次々に決まり、さらに自分たちのミスショットもありブレイクされ、そこから4-4まで追い上げられる。先行したい9ゲーム目、楠原がサービスエースを連発。5-4と勝利まであと1ゲーム。ここで集中力が切れたのかミスが続き5-6に。デュースまでもつれた12ゲーム目は最後にリターンミスが重なり、悔しい敗戦となった。このペアで戦えるのも残り1試合。2人の笑顔が輝く勝ち試合に期待だ。

  D2で登場した前崎(経4)・柚木(スポ2)ペアは本城・池添ペアと対戦。第1セットは第2ゲームでいきなりブレークを果すとそのまま相手に隙をみせることなく6-3で先取する。第2セットは先にブレークに成功するも前崎・柚木ペアの攻撃パターンに対応し始めた本城・池添ペアがネット際でのプレーを増やし始めポイントを重ねていく。4-3で迎えた第8ゲームについにブレークを許してしまう。そのまま試合は進みタイブレークに突入するといきなり法大ペアがミニブレークに成功。その後も柚木のボレーが決まるなど次々にポイントを重ね、7-4でタイブレークを制し、見事ストレートで勝利を飾った。

  藪巧光(経3)・岡垣光祐(経2)ペアが対戦したのは高森大地・北岡志之ペア。第1セットは序盤から、法大のミスが目立つと相手の流れで試合が運ばれた。そして果敢に攻めたプレーを見せるも、相手に拾われ決めきれない。第1セットは5-7で終える。第2セットは、徐々に調子を戻してきた法大。スマッシュや相手の隙を狙ったプレーで相手のミスを誘うと得点を重ね、6-3で見事第2セットを獲得した。第3セットでは両者譲らない白熱した試合が繰り広げられるとタイブレイクまで持ち込み7-6(2)で接戦を制し、みごと勝利を収めた。

 シングルス

 S1に登場した柚木武(スポ2)は本城和貴との対戦。第1セット目から柚木の得意とする力強いサーブで相手を圧倒し得点を重ねていく。しかし、力強いあまり第8ゲームあたりからアウトを連発すると逆転を許される展開。しかしデュースの末7-5で逃げ切ると第1セットを獲得した。第2セットでは相手の隙を狙うショットやスマッシュを連発するも相手に流れをつかまれると、相手に連続得点を許す。しかし、応援を背に徐々に持ち直すとサーブやボレーで得点を重ねデュースに持ち込む。両者譲らない白熱した試合になるも、見事6-4で第2セットも獲得しストレート勝ちとなった。  

 夏関王者が圧倒的強さを見せつけた。岡垣光祐(経2)は中村彰宏と対戦。サービスゲームでは、鋭く的確なサーブで次々にサービスエースを決めていく。また、ラリーになると粘りを見せ、流れを自分の方に持っていき一気にナイスショットを打ち込む。そのようなプレーで相手につけいる隙を与えず、自分のペースで試合を展開。文句なしのストレート勝ちを収めた。  

  S3で登場した薮巧光(経3)は市川雄大との対戦に挑んだ。第1セット、ダブルスの試合の疲れからなのか薮の調子がなかなか上がらない。次々に甘いボールを相手に狙われてポイントを奪われ、試合は完全に相手のペースになる。このセットは4ゲームを連取されてからも流れが変わらずに2-6で落とす。第2セット、少しずつ調子を取り戻した薮が強烈なフォアハンドを武器に試合の流れを少しずつ傾けはじめ、4-4までもっていく。しかし第9ゲームで勝負にでた相手にブレークを許すと次のゲームをキープされ結局このセットを4-6で落とし敗北を喫した。

   S4に登場したのは前崎直哉(経4)。相手のサービスゲームから開始した試合は白熱したものとなった。ファーストセットでは第1ゲームは獲得したものの、第2ゲーム以降前崎のミスが目立ち、相手に得点を許す展開。しかし、なんとか持ち直すと相手の隙を狙うショットで得点を重ねる。タイブレイクまで待ちこむと、相手を圧倒したプレーでファーストセットを7-6(2)で獲得した。セカンドセットでは第1ゲームから果敢に攻めたプレーを繰り広げ連続得点を獲得し、前崎の流れで試合が運ばれていった。しかし、第4ゲームから前崎のアウトやネットといったミスが目立つと相手に連続得点を許し、差が詰められてしまう。しかしなんとか粘り強いプレーで逃げ切るとセカンドセットを6-4で獲得し、ストレート勝ちで白星を挙げた。

 小見山僚(スポ4)が対戦したのは、昨年の全日本ジュニア単ベスト4の実績を持つルーキー田中瑛士。第1セット、序盤相手のミスが目立ち先行するもすぐさま追いつかれ、ここで相手が本領発揮する。小見山自身のミスもあったが、相手の粘り強く常に攻めのプレーに苦しみ2-6でセットを落とす。第2セットも初めは第1セットと同じような展開に。2-2に追いつかれた5ゲーム目、ラリーが続く中で相手のミスを誘いブレイクする。しかし、ここから相手のプレーに磨きがかかり、さらにラリーの主導権も握られる。小見山は粘りのあるプレーを見せるも、相手に一歩及ばずストレート負け。試合中に思わず「強い」と何度も言ってしまうほどの相手だったようだ。

  S6で登場したのは藤井俊吾(社3)。池添克哉との一戦に挑んだ。第1セットは第5ゲームまでは互いに譲らずにサービスゲームをキープする展開に。その中で迎えた第6ゲーム、長いラリー戦の中で藤井がミスを連発してしまい、1ポイントも奪えずにブレークを許す。そのまま試合は進み3-6でこのセットを落とす。第2セットは終始池添ペースで試合が進む。コート左右に放たれるショットになかなか上手く対応できずミスを連発。「相手のプレーが非常に安定していて対策手段が思い当たらなかった」と試合後に語った藤井。結局このセットを通じて相手の思い通りにプレーを許してしまい第2セットを1-6で落とし、ストレートでの敗戦となった。