MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2018年度(平成30年度)関東大学テニスリーグ 男子 第1部 最終戦 対亜細亜大学
2018年9月16日(日) @早大コート

最終戦 (9月16日) ○法政大学 5-4 亜細亜大学 


選手スコア対戦相手
D1○小見山(4年) ・楠原(3年)
6-1 6-2
加藤・吉田
D2○鈴木(3年)・藤井(3年)
6-4 (7) 6-7 6-3
堀内・清水
D3×前崎(4年) ・柚木(2年)
4-6 4-6
高見澤・呉岡
S1×柚木(2年)
0-6 ret
加藤
S2○岡垣(2年)
6-4 6-1
高見澤
S3×鈴木(3年)
6-1 2-6 2-6
堀内
S4×藪(3年)
6-2 3-6 5-7
熊坂
S5○前崎(4年)
7-6(4) 6-2
吉田
S6○石澤(3年)
6-1 4-6 6-4
工藤

(「スポーツ法政」記事より) 

 関東大学テニスリーグ最終戦。早大、慶大の王座進出が決定し、今年も王座進出はならなかった。4年生はこの最終戦で引退となる。先だって行われたダブルスでは2勝1敗と快勝。シングルスではS6にリーグ戦初出場となる石澤祐輝(営3)が好プレーを見せるなど、次世代への希望が垣間見えた。法大は今年度リーグ戦を昨年から順位を一つ上げ、3位でフィニッシュした。


戦評

ダブルス

 今リーグ不調に苦しんだ小見山僚(スポ4)・楠原悠介(経3)ペアに笑顔が返り咲いた。最終戦となる今日もD1として出場。試合は終始小見山・楠原ペアの展開となった。第1セット第4ゲームをブレイクすると6-1でこのセットを先取。小見山のストロークが際どいコースを突くと相手のミスが増えた。続く第2セットも第3ゲームをブレイク。難なく試合の流れを掌握し、最終戦で白星をあげた。小見山はこれがリーグ戦引退試合となった。

  D2は第2戦の慶大戦以来3試合ぶりに鈴木保貴(スポ3)・藤井俊吾(社3)ペアが出場。今試合は互いの好プレーが目立った試合だった。立ち上がりの第1セット第3ゲームでブレイクに成功すると自身らのサービスゲームを丁寧にキープ。藤井のボレーが鋭い角度に決まると藤井の動きに合わせて鈴木がコートカバーリング力を見せセット先取に成功。第2セットではタイブレークに突入。1-5と連取を許すも諦めなかった。藤井のリターンエースがサイドラインに深く決まるといった好プレーが光るも、第2セットを(7)6-7で落とす。続くファイナルセットでは第3ゲームをブレイクすると辛坊強く自身らのサービスゲームをキープ。6-3で勝利をつかんだ。

  D3は第1戦から全試合を単複ともに出場している前崎直哉(経4)・柚木武(スポ2)ペアが惜しくも最終戦で勝利を飾ることができなかった。第1セットはシーソーゲームだった。第1ゲームでブレイクを許すも、次ゲームでブレイクバック。第3ゲームでも同じようにブレイクされるとブレイクバック、というように相手のリードに食らいついて行く展開に。第7ゲームで痛恨のブレイクを許すとセット先取はならなかった。第2セットでは積極的に前へ出てボレー戦へと持ち込む。それまでサーブを得意としていた柚木が細かなプレーでも得点をする機会が増えるなど、最上級生である前崎と組んだからこそ、得点につながるプレーシーンも増えた。しかし、第7セットでブレイクを許すと、ブレイクバックすることは出来ず4-6で敗戦した。

 シングルス

 S1は前戦の明大戦で奮闘を見せた柚木武(スポ2)がコートイン。立ち上がりから得意のサーブが奮わず、第1セットを0-6で落とす。すると第2セット開始を目前に柚木がメディカルタイムアウトを取る。安田忍トレーニングアドバイザーとしばらくやり取りをした後、棄権という形で苦い敗戦となった。

 S2は好調を維持する岡垣光祐(経2)が今日も粛々とブレイクを狙い、圧勝した。第1セット第3ゲームでブレイクに成功するとそこから終始岡垣のペースだった。第6ゲームでブレイクバックを許すも次ゲームですぐさまブレイクバック。自身のサービスゲームを丁寧にキープしていくと、このセットを先取。次セットも難なく第2ゲームからブレイクに成功すると6-1で勝利を飾った。岡垣は今リーグシングルスでは5試合に出場し、羽澤慎治(慶大)には敗れたものの4勝と圧倒的な安定感を誇る。法大一番の成長株として、今後の活躍に期待がかかる。

  S3は鈴木保貴(スポ3)がシングルスでは2試合ぶりに登場。今リーグ不調に苦しんだ鈴木は、先立って行われたダブルスの1勝で何かを吹っ切ったような清々しい表情でコートイン。第1セットは落ち着いて立ち上がりからブレイクに成功すると6-1でセット先取に成功する。しかし、第2セットでは第3、7ゲームともにブレイクを許しこのセットを取れず。ここまでの連戦の疲労がたたり鈴木がメディカルタイムアウトを取る。その後行われたファイナルセットでは第3ゲームでブレイクを許すも足を止めることはなかった。左右に打ち分けて揺さぶる相手のストロークも追いかけた。しかし第5ゲームでもブレイクを許し、2-6で勝利はならなかった。

  S4は藪巧光(経3)がいつものように粘りのプレーで奮闘した。第1セット第4ゲームでブレイクに成功すると丁寧に自身のサービスゲームをキープ。6-2でセット先取に成功する。しかし第2セットは第5ゲームでブレイクを許すとそのままブレイクバックすることができず試合はファイナルセットへもつれ込む。藪も今リーグ全試合に出場していたが連戦の疲れを見せることはなかった。相手のストロークにしっかりと対応し、得点の契機を狙ったものの、第12ゲームでブレイクを許し、5-7と最終戦を勝ちきることができなかった。

  S5は前崎直哉(経4)が引退試合を有終の美で飾った。第1セット第6ゲームでブレイクに成功するも、次ゲームでブレイクバックを許し互角の戦いに。そのままタイブレークに突入する。ここで法大テニスを盛り上げ続けた前崎の気迫が勝る。相手のストロークに食らいつき、得意のスライスは今試合も鮮やかに決まった。タイブレークを制し7-6(4)でセット先取に成功。続く第2セットでは第1ゲームからブレイクすると第4ゲームが始まる前には前崎のメディカルタイムアウトで試合が中断。それでも立ち上がりにつかんだリードを守りきり、6-2で鮮やかな勝利を飾った。連戦を経て、前崎の身体は決して万全な状態では無かっただろう。それでも持ち前の明るさで、チームを鼓舞する副将前崎の『男気』は後輩たちに語り継がれることだろう。

  S6は石澤祐輝(営3)がリーグ戦初出場を果たし、見事勝利を飾った。第1セット第1ゲームからブレイクに成功すると落ち着いたプレーで6-1とこのセットを先取。両校左利き対決となった今試合ではあったが力強い石澤のストロークが勝っていた。しかし第2セットでは第3ゲームにブレイクを許すと4-6でファイナルセットへともつれ込む。ファイナルセット前には、工藤颯人(亜大)だメディカルタイムアウトで一時試合が中断。再開後は石澤がフォアハンドでベースラインぎりぎりを攻め込み、第4ゲームをブレイク。苦しい場面にも観覧席からは以前まではS6として出場していた小見山僚(スポ4)が石澤を鼓舞した。リードを守りきり、6-4でファイナルセットを制した。新戦力として一番乗りに名を挙げたサウスポー石澤の今後の活躍に注目だ。