MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2018年度(平成30年度)関東大学テニスリーグ女子 2部(5位)-3部(2位)入替戦 (対 日本体育大学)
2018年9月23日(日) @法政大多摩コート

入替戦 (9月23日) ○法政大学(2部5位) 7-0 日本体育大学(3部2位) 

 *2部昇格1年目の戦いを見事残留で締めくくりました!


選手スコア対戦相手
D1○林(4年) ・下地(3年)
6-2 6-7(3) 7-5
北原・江尻
D2○竹内(2年) ・横山(1年)
6-1 6-1
鈴木・江口
S1○林(4年)
6-2 7-5
小田
S2○竹内(2年)
6-1 6-0
江尻
S3○下地(3年)
2-6 7-5 6-3
江口
S4○小松(2年)
6-3 6-4
北原
S5○横山(1年)
6-3 6-1
吉田


(「スポーツ法政」記事より)  

昨年は4年連続3部1位を獲得し、入れ替え戦に臨んだ法大女子テニス部。今年度は2部で開幕から2連勝するも、残りの3カードで連敗。2部リーグ5位の結果に終わり、3部リーグ2位の日体大との入れ替え戦へ。結果は7-0の圧勝!見事2部残留を果たした。 


戦評

ダブルス
 およそ4時間にわたる熱戦だった。D1は林彩子(社4)・下地奈奈(社3)ペアが出場。関東学生選手権(夏関)準優勝を飾ったペアが粘り強く試合を展開し、チームに勢いをもたらした。第1セットを6−2で先取するも、第2セットは苦しい展開に。ブレークされると取り返す互角の戦いが続き、タイブレークに突入。2−2から4連続でポイントを許し、(3)6−7でこのセットを落としファイナルセットにもつれ込んだ。ファイナルセットでは悪い流れを断ち切るタイミングを見計らった。第6ゲームでは痛恨のブレイクを許すも、あきらめなかった。下地の安定したストロークと、林の前衛での動きがかみ合い、第9ゲームでブレークバックに成功。勢いそのまま7-5で試合を制した。「奈奈は後輩だけれどもよく話をするし、プレー中は本当に助けてもらうことが多い」(林)と語ったように、およそ2年間にわたる2人のダブルスに笑顔で終止符を打った。

 D2では竹内あやか(社2)・横山祥子(社1)が快勝した。第1セット第2ゲームでブレークに成功すると、続く第4、6ゲームもブレークし先取。立ち上がりポイントのカウントが悪い場面で少し緊張していた横山に竹内が声をかけるなど、昨年から横山と同じように1年次からリーグ戦に出場している竹内の優しさが光る。続く第2セットも第1ゲームからブレークに成功すると、止まらなかった。竹内のフォアハンドに加え、横山のサイドラインを狙うプレーで6-1とストレート勝ちで全勝勝利に向け、好発進した。

シングルス

 S1として入れ替え戦で最後にコートインしたのは、これが最終試合となる主将の林彩子(社4)。第1セットでは相手のミスが目立ち、競ることなく取ることに成功。続く第2セット、相手が調子を取り戻し接戦となる。鋭い球を打ち込まれるも食らいつき、際どいコースへの巧みなショットなども見せ、試合は5−5で11ゲーム目に突入。他の試合も終わり、チーム全員が応援する中で行われた。ここでまたも相手がミスショットを続け、6−5と勝利まであと一歩。林はミスなく相手を揺さぶり、最後はしっかりキープし、チームとしても、自身としても最終試合となるこの試合で見事白星を挙げた。意地と執念を見せつかんだこの勝利、そしてチームメイトの歓喜に包まれ、テニス人生に幕を下ろした。

 S2にて登場したのはダブルスを勝ちで終えた竹内あやか(社2)だ。彼女の力強いプレーは今なお健在し、今季を締めくくるには素晴らしい圧巻のストレート勝ちを見せた。第1セットから相手のミスを引き出すプレーで着実に点を重ねていく。相手の予想を上回る不意打ちのストロークを決めるファインプレーをも見せ、6-1でこのセットを締める。続く第2セットも竹内は絶好調。自分のペースを掴んだまま第2セットは6-0と圧勝でフィニッシュした。今年、関東学生トーナメント大会ベスト16に入り、入れ替え戦でもその意地を見せた竹内。来年またさらなる飛躍を目指す。

 S3に登場したのは、1時間前にダブルスで4時間の激闘を制したばかりの下地奈奈(社3)。1ゲーム目をキープし始まった第1セットだったが、ストロークの調子が悪く次々にセットを落とす。持ち直すことができず、2−6で第1セットを奪われる。入れ替え戦7試合全勝という目標のためにも落とせない第2セット。疲労や調子の悪さも見え、なかなか本来の力を出せない下地は、1−5と追い込まれた状態に。しかしここで時折相手が足を気にする姿を見せる。相手が思うようにプレーできない中、ミスなく着実に得点していき第2セットを奪取。勝負の第3セット、相手も治療を受けて臨んだ。デュースまでもつれ込んだ1ゲーム目、幾度も相手にアドバンテージを取られるも、粘りを見せキープすると勢いづき3−0に。試合は3時間を経過していた。疲れもピーク。しかし最後の最後まで全力だった。後半ではボレーやスマッシュなども決め、約4時間にも及ぶ激闘を勝利で収めた。
 S4は小松茉莉奈(経2)がストレートで勝利を収めた。第1セット、互いのミスで点を取り合う展開が続き3−3と接戦に。しかし、常に攻めの姿勢でプレーする小松はここから勢いを増す。7ゲーム目をブレークすると、ナイスショットを多く見せ、そのまま6−3で第1セットを取る。第2セットでは第1ゲームを落とすも、息を吹き返し第2ゲームをブレーク。流れは完全に小松の方へといき、4−1と勝利まで残り2ゲームとなった。しかし、疲労なのか、ここから相手がほとんどの球を緩いロブで返すように。これに翻弄された小松は、積極的に打ち込んでいくもミスショットを連発し4−4に追いつかれる。それでも攻めのスタイルを崩さなかった小松。功を奏し、6−4でストレート勝ちをした。

 S5は笑顔あふれるルーキー横山祥子(社1)の活躍が光る。立ち上がりは決して順調ではなかった。第1セット第2ゲームでブレークを許すも、次ゲームでブレークバックを許すなど、根気が求められる試合展開に。それでも第4ゲームから自分のペースをつかむと、6-3で先取に成功。続く第2セットも第1ゲームをブレークすると、勢いが止まらなかった。第1セットでは浮いた打球を打ち込まれてしまったものの、プレーを修正。丁寧にキープし6-1と鮮やかな勝利を飾った。