MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
2019年度(令和元年度)関東大学テニスリーグ 男子(第1部)第1戦 対中央大学
2019年9月2日(月) @早大東伏見コート

第1戦 (9月2日) ○法政大学 7-2 中央大学 


選手名スコア対戦相手
D1◯楠原(4年)・岡垣(3年)
7-6(6) 6-3
望月・清水
D2○高清水(2年)・佐野(2年)
6-3 3-6 6-1
星木・池田
D3◯藤井(4年)・賀川(3年)
6-3 6-7(4) 6-4
杉山・小峰
S1◯岡垣(3年)
def
望月
S2×賀川(3年)
4-6 2-6
清水
S3◯中川(2年)
6-2 6-2
星木
S4◯藪(4年)7-5 6-0
池田
S5◯楠原(4年)
6-4 6-4
杉山
S6×横尾(3年)
3-6 2-6
小峰


◇戦評(「スポーツ法政」記事より)  

<ダブルス>

 インカレベスト8に終わり、悔しさをリーグ戦にぶつけたい岡垣光祐(経3)・楠原悠介(経4)組は、D1に登場。望月勇希・清水一輝組と対戦した。第1セットではブレイクを2つ奪い、3連続でゲームを得るも相手に4連続でゲームを奪われてしまう。そこから互いにキープが続きタイブレークにもつれこむ。タイブレーク序盤は相手の勢いあるストロークに苦戦するも、岡垣のサーブで息を吹き返す。すると、楠原、岡垣ともに好プレーを見せ、タイブレークをものにした。第2セットでは終始安定したプレーで相手を追い詰める。第8ゲームでこのセット初めてのブレイクを奪うと、次のゲームをしっかりキープし、6-3でセットを獲得しトータル2-0で快勝。エースペアとしての意地を見せた。

 D2で出場したのは春関やインカレなどで結果を残し、着実に実力をつけてきている2年生ペア・佐野有佑(経2)・高清水研人(経2)組。第1セットは第2ゲームでいきなりブレイクを奪うも相手にすぐさまブレイクバックされ、嫌な流れが漂う。しかし、佐野のサービスゲームで流れをつかむと、第6ゲームには高清水の正確なボレーとリターンでブレイクに成功し、このセットを6‐3で獲得する。このまま流れを完全に掌握したいところだったが、第2セットでは相手に押され、なかなか自分たちの思うようなテニスを見せられず、ゲームの行方は最終セットへ。何としてもものにしたい最終セット。第4ゲームで佐野の前に詰めていた相手の左を抜く華麗なフォアでブレイクに成功すると、そこから4連続でゲームを奪い、うれしいリーグ戦初出場初勝利を手にした。

  藤井俊吾(社4)・賀川稜太(社3)組は杉山和哉・小峰良太組と対戦。第1セットは第3ゲームで早速ブレイクに成功し6-3で先取する。その勢いのまま第2セットも連取するかと思いきや、今年度インカレベスト8の実力者、杉山・小峰組が本領を発揮する。第2セット、序盤は互いにキープしあうきっ抗した展開に。しかし、相手の強烈なサーブが決まり出すと流れをつかまれ、3ゲームを連取されてしまう。その後、なんとか立て直し、タイブレークへと持ち込むが、最後はタイブレークポイント7-4でセットを落としてしまう。迎えた勝負の第3セット。第8ゲームまで互いにキープを続けるまたも拮抗した展開に。そして迎えた第9ゲームでようやくブレイクに成功すると、次の第10ゲームをしっかりとキープし勝利を収めた。「もっと早く終わらせることができた」(賀川) と課題を口にするが、実力者相手に粘りのテニスで大きな勝利をつかんだ。

 

<シングルス>

 S4に登場したのは中川舜祐(経2)。相手は同じく2年生の星木昇、同学年対決となった。中川は第1セットから力で押すテニスを展開する。3-1で迎えた第5ゲームにブレイクを許すも、次のゲームですぐさまブレイクバック。勢いそのままに第8ゲームでもブレイクに成功し、このセットを獲得する。第2セットに入っても中川の優勢は変わらない。第1ゲームではネット際でのプレーが光り勢いに乗ると、第5ゲームから第8ゲームまで4連続で奪い、見事な勝利を収めた。 

  今カード単複両方の出場となった賀川稜太(社3)は清水一輝と対戦した。序盤からパワフルなショットで見応えのあるラリーを展開していく両者。その後、次第に清水が左右にボールを配給し始めると、単複連戦の疲労もあってか、それに対応しきれない賀川のミスが目立つようになり、第1セットを4-6で落としてしまう。続く第2セットも残る力を振り絞って相手のボールに食らいつくが、追いつくだけで精一杯。攻めに転じることができずに第2セットも連取され、ストレートでの悔しい敗戦となった。単複両方での出場は今回のリーグ戦が初めてだという賀川。今回の経験を生かし、次戦は単複連勝を目指す。

  藪巧光(経4)は池田悠人との対戦。第1セット序盤は相手の深いボールに押し込まれるものの、徐々に適応し流れをつかんでいく。積極的に前に出てくる相手に対しても、ミスのない正確なショットで冷静に対応し、最後はサービスエースで第1セットを先取する。迎えた第2セット。両選手ともに疲労の色が見え始め、ミスが目立つようになる。しかし、仲間の声援を受けた藪は攻めることをやめなかった。足が動かなくなってきた相手に対して左右にボールを打ち分け、着実にポイント重ねていき、相手に1ゲームも与えることなく第2セットを獲得。圧巻の試合運びで勝利を収めた。

  S6では怪我の影響で思うような成績を公式戦で残せていない横尾淳司(経3)が満を持して登場。第1セットではパワーで押すテニスを見せるも相手の強烈なショットに苦戦し、劣勢が続く展開に。3-2で迎えた第6ゲームでブレイクを奪われるとそのまま押されてしまい、3-6でセットを落としてしまう。何としても挽回したい第2セット。ロブを巧みに使い応戦するも、相手に左右に揺さぶられ体力を削られる。互いに疲れが残るなかで終盤に追い上げを図るも後一歩及ばす、悔しい敗戦となった。

 学生最後のリーグ戦、S5に出場した楠原悠介(経4)は「思い切ってやろう」とコートに入った。第1セットでは2ゲーム連続で落としたものの楠原は冷静だった。第3ゲームでブレイクを奪うと第5ゲームでもブレイクし、相手の逆をつくストロークなどで流れをつかむ。6-4でこのセットを獲得し、試合は第2セットへ。第2セットでは「負ける気がしなかった」と試合後に語ったように、相手のミスにつけこみ、正確なストロークで左右に振る。ベンチコーチのアドバイスも参考にしながら常に楠原優勢のまま試合は進む。6-4でセットをものにし、トータルスコア2-0で勝利。大事な初戦を最高の形で終えた。「全勝する気持ちでいく」と楠原は次戦にも意欲を燃やす。このリーグ戦でいくつの白星を法大にもたらすのだろうか、期待をせずにはいられない。